英会話レーシング

カタカナ、和製英語には気を付けよう

日本語にはたくさんカタカナが使われていますが、日本人はこのカタカナのせいで英語の発音が良くなく、外国人に伝わりにくいのではないかと思います。
例えばコーヒー。海外旅行に行ったら注文する機会もあると思います。しかし コーヒープリーズ!では通じないかもしれません。私は英会話に通うまで知りませんでしたが、コーヒーを英語で発音すると、どちらかといえばカフィーと聞こえます。コーヒーとカフィーでは全然違うということにその時初めて気が付きました。カタカナで慣れているのでそのまま使えば通じると思っていたら大間違いだったのです。
また、カタカナと英語ではアクセントの位置も違います。例えば 水。最近はミネラルウォーターなどとよく言います。しかし、ウォーターも外国人には伝わりにくいです。どちらかというと、ワァターと聞こえます。ウォーターだと後ろにアクセントが来ますが、英語では最初にアクセントが来ています。
このようにカタカナで覚えた言葉が、日本人の英会話の妨げになっているのかもしれません。このことに気がついてから私は、カタカナに騙されず発音を聞くようになりました。発音を聞くためには教材は必要なく、テレビや映画を英語で観ればいいのです。これからはカタカナに邪魔をされずに英会話の勉強をしていきたいです。