英会話レーシング

日本人的発音にも気を付けよう

日本の学校教育における英語と言ったら、「マイ、ネーム、イズ」のように一語一語区切ったような日本語発音で英語を覚え、日本人同士で教科書の会話例文を読みあうという、実用英会話からは程遠いものです。

 

日本人だって単語の間をいちいち区切って発音しないように、ネイティブも一語一語区切って発音したりしません。また、日常会話は略語や流行語にあふれているので、文法だけに捕らわれていてもリスニング能力は向上しません。

 

さらに、教科書に書いてある英文を日本語発音で覚えたところで、話しても相手には伝わらないし、相手の言っていることを理解することなんてできません。根本的に学校で習う英語は、テストで点を取るための勉強であって、ネイティブと会話することを想定して英語ではありません。耳で聞きなれていない発音が自分の口から上手く出ることなどないに等しいのです。

 

必要なことはネイティブがどのように話しているのかをよく聞くことです。ドラマでも映画でも何でもよいので、ネイティブの英語を注意深く聞いてみてください。そしてその後で同じ言葉を声に出して喋ってみてください。最初は全く違う感じがしますが、繰り返していくことで自然な発音が身についてきます。最近はyoutubeなどの動画サイトでも簡単にネイティブの英語を聞くことができますし、スカイプレッスンなどの安価なオンライン英会話もありますのでやる気さえあれば簡単に英語の勉強ができます。

 

とにかくネイティブの発音に耳を傾けることが大切ですし、それが英会話上達の第一歩です。